日本らしさに溢れた挙式スタイル | 白無垢を着て、荘厳な気持ちで臨む神前式について

日本らしさに溢れた挙式スタイル

pagoda is built of wood

東京でも簡単に行える神前式ですが、意外と歴史は浅く、今から100年ほど前、大正天皇が行った結婚式が原型だと言われています。そこまで歴史が深くないのですが、天皇家が始めたということもあり、儀式自体は非常に格式高いものです。
日本発祥の文化なので、所々に日本らしさが見え隠れします。たとえば白無垢に関しては和服なので,日本人に似合うようにできています。白無垢姿に赤い紅を引いた姿は非常に美しく、会場中が息をのんでしまうでしょう。新郎の袴も男らしく、凛とした佇まいです。格式高い東京の神社の雰囲気も相まって、新郎新婦は日本の美しさを体現していると言えるでしょう。
さらに神前式では誓詞奏上と呼ばれる儀式があり、新郎が神前にて結婚の誓いを読み上げます。新婦はそれに続き自分の名を名乗ります。新郎の男らしさと、それに付き従う妻の姿は古来から伝わる理想の夫婦像と言えるでしょう。

東京の神前式では親族同士が盃を交わす儀式もあります。これは両家が家族としての盃を交わすので、かなり重要な儀式です。ここで注意していただきたいのは、この儀式は会場内にいるのが全員親族だという前提で行われます。なので、東京の中には、神前式に友人を呼ぶことができない場合があります。日本古来のしきたりを大切にする神社なら友人の参列が許されない場合が多いです。ただ最近は現代の需要も考慮し、友人参列も許可する東京の神社が増えつつあります。あらかじめ友人が参列可能かどうか、神社側に確認する必要がありますので、そこだけは気をつけましょう。